はじめに

再生可能エネルギー(太陽光発電・風力発電)によるリアルタイムのトータルな発電電力を把握できるようにするため、
及び発電量シミュレーションの妥当性評価や精度向上のために、福島県内の複数地点(局地観測網、広域観測網)において
再生可能エネルギー資源の同時測定データを収集しています。
ここでの再生可能エネルギー資源とは、日射量、風向・風速、気温、湿度などの気象データを意味しています。
ここでは、これらの資源データについて、リアルタイム及び過去のデータを数値あるいはグラフで見ることができます。
また、過去のデータについてはダウンロードすることもできます。
福島県内における将来の再生可能エネルギー導入の参考情報として閲覧/利用ください。


データの閲覧方法

画面を開くとウェブブラウザに下図のような過去の気象データが表示されます。
気象データは、湿度(%)、気温(℃)、風速(m/s)、日射量(kWh/㎡)(もしくは傾斜面日射強度(W/㎡))があり、過去の値が表示されます。
画面上には、観測間隔、条件反映ボタンが表示されます。
※観測開始時点は観測地点により異なります。
※FREAの気象観測データの場合、積算雨量、積算感雨時間、積算日照時間、海面気圧の表示があります。
※福島県内5地点の気象観測データの場合、湿度(%)の表示はありません。
画像
※表示例は、観測サイトP1の気象観測データです。
(どの観測地点のデータも、最初に当日の1分間隔のデータが表示されます。)

閲覧したい気象データの観測間隔とデータ期間を選択してください。
(もしくはデータ期間だけを選択しても、観測間隔が同時に選択されます。)
1分間隔と10分間隔の場合は日付が選択でき、60分間隔の場合は月が、24時間間隔の場合は年が選択できます。
例えば"10分間隔"の場合は、気温ならば前1分間の平均値であり、風速ならば前10分間の平均値です。各統計値は気象庁の「地上気象観測指針」の統計演算方法に準じています。
また、日射については、"1分間隔""10分間隔"の場合は傾斜面日射強度を折れ線グラフで表し、"60分間隔"の場合は1時間の日射量を、"24時間間隔"の場合は1日分の日積算日射量を棒グラフで表しています。
なお、観測機器のメンテナンスや不具合などの理由により欠測している期間も含まれますのでご了承願います。

条件反映ボタンをクリックすることで、指定した条件のグラフが表示されます。
なお、更新データが表示されるまで数秒かかる場合がありますのでご了承ください。
画像
※表示例は、観測サイトP1の2015年6月の60分間隔データです。

最下段のグラフ枠には、表示期間調整バーがあり、これを動かすことによってデータの表示期間を調整して拡大表示することもできます。
画像
※表示例は、観測サイトP1の2015年5月5日の10分間隔データにおいて、表示期間調整バーを用いて拡大表示した例です。

画面右下のデータのダウンロードボタンをクリックすることで、指定した条件のデータがダウンロードできます。
(条件反映ボタンのクリックは省略しても構いません。)
画像
※ブラウザがIEの場合、“保存”or“名前を付けて保存”の選択の際に“保存”を選択すると「ダウンロード」フォルダに保存されます。